日焼けするとヒゲ脱毛できない?

ヒゲ脱毛中は日焼け厳禁です

ヒゲ脱毛は、日焼けによってリスクが色々と高まります。例えばレーザー脱毛の特徴は、毛の濃いところに反応し毛を作る組織を破壊します。黒い色は光を吸収するという特徴がありますよね。

 

そのため日焼けをしてしまうと、日焼けした肌にレーザーが吸収される事になるので、肝心のレーザーの熱が毛根に届かず、綺麗に脱毛することが難しくなってしまうのです。

 

日焼けがお肌のがトラブルの原因となり、ひどい時は皮膚がやけどをしてしまったり、水ぶくれになったりするケースもあるのです。

 

日焼けによっては、必ずしもできないと言う訳ではないのですが、脱毛効果はどうしても薄れてしまいます。また脱毛サロンも規定などで受けさせてもらえません。せっかく予約したのにムダに帰ることになります。

 

効果の高い脱毛を望むのであれば、日焼けが収まり、色が白くなるのを待つしかありません。そのため脱毛を行うには、季節的には冬やあまり暑くなる前の時期に行うのがよいでしょう。

 

その方が医療機関で行うのも脱毛サロンで行うのも、比較的予約も取れやすく綺麗に脱毛ができます。日焼けサロンでの日焼けも避けましょう。

 

脱毛後の日焼けもお肌のトラブルの原因となるので極力避けましょう。

 

日焼けをしてしまったけどどうしても脱毛がしたい、どのくらいの日焼けの程度なら大丈夫かなど、肌の色が心配な場合は、まずは受ける前にきちんとカウンセリングを受け、今のお肌の状態などをきちんと隠すこと無くお話して相談してみましょう。

 

一度日焼けをしてしまうと、一定期間を置いて色が白くなってきた場合も皮膚の下は、まだ完全に日焼けが治まっているのでは無くメラニンが残っている場合もあるもです。

 

その状態でレーザー治療をすると、痛みやはれが出たり綺麗に脱毛できなかったりする場合があります。最初の契約で、ヒゲ脱毛の期限が決まっている場合などは特に注意してください。

 

綺麗に脱毛したいのであれば、数カ月時間を置きましょう。